土地の名義変更には期限がありますか?

気になる土地の名義変更

気になる土地の名義変更のメインイメージ

土地の名義変更はどのようにおこなうもの?期限や罰則は?手を付けないでいるとトラブルが起こりやすい土地の名義変更についてお話します。

土地の名義変更には期限がありますか?

土地の名義変更は単なる手続きではなく、越えるべき難関がいくつもあります。

土地名義変更のキメ手というお役立ちサイトが紹介しているように必要書類を揃えられれば個人でも出来ないわけではないのですが、中には非常に手間がかかったり、思っても見なかった問題が浮上する場合もあります。

それを含め土地の名義変更についてお話ししてみます。

◎まずは不動産名義の正しい把握から。

土地の名義変更に限らず不動産資産の相続には一定のルールがあり、基本的には管轄の法務省に行って必要書類を入手し、それを整えて提出することで名義変更が完了します。

このように書くと非常に簡単に思えますが、一筋縄ではいかないのが土地の名義変更など不動産全般に関わる名義変更です。

とくに土地の場合は名義がどのようになっているのか、現状から正しく調べ直す必要があります。

◎罰則はないがトラブルが起きやすくなる。

土地の名義変更をそのままにして過ごしていても、法務省や関係機関からおとがめがあるなどの罰則はありません。

固定資産税なども従来通り亡くなった方の名義で送られてきます。

そのままやり過ごしても当面は何の問題もないでしょう。

しかし土地の名義変更などを放置しておくと、相続をめぐって親族間でのトラブルが起ることが良くあります。

罰則はなくても早い時期に名義変更し、スッキリさせるべきです。

◎土地の名義変更で最大の難関は「遺産分割協議書」の作成、相続の合意です。

場合によってはかなりの時間を要します。

土地の名義変更や建物などの名義変更でネックとなるのが遺産分割協議書の作成です。

相続の割合をめぐって親族間でトラブルとなり、名義変更ができずにいる例が多数あります。

その場合は司法書士・弁護士などに入ってもらいましょう。

気になる土地の名義変更

Copyright www.caferegalade.com All Rights Reserved