遺産分割協議書の作成でもめて一年以上棚上げに

気になる土地の名義変更

気になる土地の名義変更のメインイメージ

遺産分割がうまくいかず土地の名義変更も棚上げの状態なら、すぐに専門家に入ってもらいましょう。相続放棄という方法もあります。

遺産分割協議書の作成でもめて一年以上棚上げに

土地の名義変更で大事になるのは、遺産分割だけではなく、相続放棄の選択も絡んできます。

「資産の洗い出しと土地の名義変更」についてお話ししておきます。

◎名義変更に絡む説得材料を専門家に。

土地の名義変更・不動産の義変更などで最大の難関となるのが、遺産分割協議書の作成がスムーズにいくかどうかです。

法定相続人が増えれば増えるほど分割がむずかしくなり、遺産相続の比率でもめることになります。

もめ事が起って棚上げ状態となったようなケースでは、司法書士や弁護士に入ってもらって、「協議を早く決着させたほうがいい理由」を述べてもらいましょう。

説得材料を専門家に説明してもらうことで収束に向かわせます。

◎最悪の場合、相続放棄のほうが良い例も。

土地の名義変更に際して、資産のプラス・マイナスの洗い出し、借金の有無の下調べは終わりましたか?もしも相続すべきプラスの資産が、借金や融資よりも小さかった場合、相続放棄の手続きをとったほうが有効な場合もあります。

これは遺産分割協議書の作成と同じくらい大事なことです。

申請手続き完了までの期限がありますので注意しましょう。

◎遺産分割協議書をスムーズに終わらせるには、専門家に入ってもらい、相続人の聞き取りから始めてもらいましょう。

土地の名義変更などで厄介なのは、家族が居住していて売却・換金できないケースです。

相続人の感情も絡んだりするので、簡単には合意できません。

しかしその一方で放置による危険な例もあります。

check!:「不動産相続」土地の名義をそのままにしておくと起きる3つのデメリット | ZUU online

専門家に依頼して、そうした危険性の説明など、いろいろな手段を講じてもらいましょう。

気になる土地の名義変更

Copyright www.caferegalade.com All Rights Reserved