土地や不動産の名義変更は弁護士などに依頼したほうがいいですか?

気になる土地の名義変更

気になる土地の名義変更のメインイメージ

土地や不動産の名義変更は必ず弁護士に依頼するべき?不動産が多数で複雑でなければ司法書士で十分なこともあります。

土地や不動産の名義変更は弁護士などに依頼したほうがいいですか?

お父様が生前に土地や不動産の名義変更についてお話ししてくれたことは、非常にありがたいことです。

関係書類の保管場所など、聞いておきたい点をお話しておきます。

◎弁護士は不要でも司法書士は必須。

生前贈与ではなく、亡くなった後の土地や不動産の名義変更については、通常通りの遺産相続手続きになります。

土地や不動産が多数あって、名義変更が複雑な場合は弁護士に依頼する必要がありますが、相続人が少数でとくにトラブルなどの心配がない場合は、弁護士に依頼するまでもないでしょう。

ただし司法書士に依頼して、関係書類の作成については代行をお願いしましょう。

◎借金の有る無しについて一応の確認。

土地や不動産の名義変更については、とくに申請期間が区切られていませんので慌てなくても大丈夫です。

お父様に、抵当権のことを確認しておいてください。

また土地や建物を担保にして他で借入れをしていた場合は。

その借入先の契約書類・関係書類の一式が必要になります。

司法書士に名義変更を依頼した場合でも、関係書類を揃えるのは遺族の役割になります。

◎借入れが資産の合計を超過しているケースもあります。

関係書類の保管場所を聞いておくのと同時に、一応は確認しておきましょう。

お父様の場合、生前に土地や不動産の名義変更を口にされているので大丈夫だとは思いますが、住宅ローンの残債の他、それ以外の金融機関などからの借入れについても聞き出しておきましょう。

司法書士に依頼する際、スムーズに運びます。

気になる土地の名義変更

Copyright www.caferegalade.com All Rights Reserved