土地や不動産の名義変更でもめています。どうしたら良いでしょう。

気になる土地の名義変更

気になる土地の名義変更のメインイメージ

資産家の名義人が急死した際の円滑な土地や不動産の名義変更の仕方について。自分たちで何が何でも解決しようとせず専門家の力をかりましょう。

土地や不動産の名義変更でもめています。どうしたら良いでしょう。

多数の資産を有している名義人が亡くなった場合、土地や不動産の名義変更は、どのような手順を踏めばトラブル回避できるでしょう。

要点をお話ししておきます。

◎資産の洗い出しをするのがセオリー。

土地や不動産の名義変更では、まずその変更手続き以前に、対象物件を洗い出して、抵当権などの状況、資産性のプラス・マイナスを調査する必要があります。

それがきれいに終わっていないと、遺産分割協議書を作成することはできません。

仮に協議書にサインしてしまうと、マイナス資産も背負うことになり、後から大もめになることがあります。

◎素人が進捗させるとトラブルの元に。

法定相続人が多数で不動産資産も多数に及ぶ場合、洗い出しにかなりの時間と手間がかかります。

顧問弁護士がいなければ、法律事務所を訪ねて名義変更に絡む一式の業務を依頼しましょう。

司法書士など提出書類に関わる人選は弁護士のほうで手配してくれます。

土地や不動産の名義変更では、それが多岐にわたった場合、ヘタに進捗させると余計に複雑化することもあります。

ご注意ください。

◎土地や不動産の名義変更で禍根を残さないためには、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのがいちばんです。

法定相続人が多くいる場合、しかも土地や不動産の名義変更対象が多岐にわたる場合は、最初の段階から法律のプロがサポートすべき状態にあります。

事態を複雑化させる前に専門家に依頼しましょう。

気になる土地の名義変更

Copyright www.caferegalade.com All Rights Reserved