土地や不動産の名義変更で想定されるトラブル

気になる土地の名義変更

気になる土地の名義変更のメインイメージ

土地や不動産の名義変更にまつわる事例・トラブルは大きく分けて抵当権の複雑さ、遺産分割協議、名義変更詐欺の3つです。

土地や不動産の名義変更で想定されるトラブル

土地や不動産の名義変更に関するトラブルで多いのは、抵当権絡みと遺産分割協議です。

詐欺も横行しています。

概要をお話ししておきましょう。

◎抵当権の付き方には要注意。

土地や不動産の名義変更といっても、多くの場合はそれに抵当権が付いています。

資金を借入れして土地などを購入した場合に、金融機関が第1抵当権を付けます。

またその土地や不動産を担保にお金を借りた場合、融資を行なう業者は第2抵当権を付けます。

このように1つの土地や不動産をめぐって、家族の知らないうちにいくつもの抵当権が付けられている場合があります。

◎遺産分割でもめるのは良くある話。

抵当権が何重にも設定されているのに、それを知らずに土地や不動産の名義変更を行なった場合、抵当権の抹消と新たな登記に時間がかかります。

それどころか新しい名義人が、その借金まで背負うことになります。

次によくあるトラブルは、遺産分割協議書の作成でもめることです。

土地や不動産の名義変更では、その前に遺産分割協議書を作成する必要がありますが、遺産の取り分をめぐって親族間でもめて、名義変更ができないでいる事例もあります。

◎土地や不動産の名義変更については、簡単に口車に乗って変更前に現金のやり取りをするケースが多発しています。

気をつけましょう。

土地や不動産の名義変更は、それが完了していなくても“甘い話”で多額の現金を騙し取るケースが多発しています。

名義や抵当権などは目に見えない複雑なものなので十分注意しましょう。

≫≫気になる記事:https://moneyforward.com/media/life/46960/

気になる土地の名義変更

Copyright www.caferegalade.com All Rights Reserved